神秘の世界に飛び込もう

>

占い師の働く場所

占い師になりたての頃に向く仕事

占い師としてデビューしたての頃はまず名前を覚えてもらうことが大切です。
インターネットで広告している電話相談やメール相談の占いは、多くの人の目に触れる上に求人も多く、初めてするのに向いているお仕事です。
また、ショッピングセンターなどの人通りの多い場所での占いは名前を覚えてもらうのに非常に有効です。

占いの技術や接客は経験によってどんどん磨かれていきます。
まずは色々な募集に応募してどんどんチャレンジしていくことが大切です。

占いというのは大抵の場合は悩みや愚痴を吐露する場所にもなります。
不特定多数の人間の占いをするインターネットなどは悪い気を受けてしまう可能性もありますので、初心者の人は注意しましょう。
そういった悪いものをスルーするスキルも身につけていくといいですね。

ステップアップした占い師のお仕事

占い師として経験を積み、自信がついてきたら、更なるステップアップを考えてみましょう。

安定した収入を望む場合は、占いの講師やライターなど企業に所属するとその可能性があります。

また有名になってくると、本などの出版物やホームページ、占いの館、イベントや物品販売などが自身の名を冠したものになることにより、収入が上がってきます。
ただし、占いという商売はあくまで「形のないもの」を販売しているので、受け取る側によっては詐欺扱いされ、犯罪者になってしまう恐れがあります。
常に市場を確認して適正な金額を受け取ること、また法律や条例を学んで会計の仕方や支払い方法などがきちんと行われているなど、不正がないように気をつけることが肝心です。


シェアする