神秘の世界に飛び込もう

>

広き門で狭き道のりの占い師への道

独学で学んでスタートする

一番簡単に始められるのは占いを独学で学んでデビューすることです。
占いのやり方がわかり、働く先さえ見つければ占い師になることはできますし、最近では主にインターネットを媒介としたハードルの低い業種も増えています。

しかし、自分が占ってもらうとして考えてみると、昨日今日に占いが得意なので占い師になりましたといった人にお金を払って占ってもらいたい人などいないと思います。
独学でデビューするにしても、自分の占いや接客などがお金をもらうのに値するか、客観的に評価してから就職先を探す方がいいでしょう。

また後にも説明していますが、いざデビューしたからといって何の努力もしないままでは占い師として成功することは難しいでしょう。

教育を受けてからからスタートする

占いの教育を受けるためには2つの方法があります。

1つは著名な占い師に弟子入りして占いを学びデビューまでのお世話をしてもらうことです。
この方法では実際に成功している占い師の持っているノウハウを実地で学ぶことができます。

もう1つは占いスクールの講習生になることです。この方法はお金はかかってしまいますが、きちんと基礎を学べること、複数の講師からノウハウを学ぶことが利点といえます。
また占い師には公的な資格はありませんが、民間の資格があり、取得することも出来ます。

弟子入りにしてもスクールにしても、デビューまでの道筋をつけてもらいやすかったり、メディアに紹介してもらえたりと独学でスタートするよりは軌道に乗りやすい道であるといえます。


シェアする